悪くなったら治す治療から健康を守り維持する治療へ
これからの歯科医療は、心身共に健康な状態を長期に渡って維持する事が最も重要であると考えています。

予防歯科とは

健康な状態を維持する事

予防歯科では口腔内の虫歯や歯周病のチェックは勿論の事、定期清掃、歯磨きや食生活の指導、唾液やかみ合わせの検査などを行っております。

定期健診と適切なブラッシング技術を身につけ、プラークコントロールする事で虫歯や歯周病は確実に予防できます。

予防に効果的な治療

● 定期健診
歯とお口、ひいてはお体の健康の為に、定期検診(3~6ヶ月に一度)を受けられる事をお勧め致します。病気にならない事が一番良い事であるのは言うまでもありませんが、もし虫歯や歯周病等が発症したならば、早期発見・早期治療が最善の治療方法です。

● PMTC
PMTCとは、プロフェッショナルメカニカルトゥースクリーニングの略称。歯の表面についたバイオフィルムと呼ばれる虫歯菌や歯周病原因菌を、プロ(歯科医師・歯科衛生士)が専用の機械や薬剤を使ってきれいに除去します。

● 歯磨き指導
歯磨きの重要性をご説明し、正しい歯磨きの仕方をお教え致します。正しい歯磨きの仕方を身につけ、一緒に虫歯や歯周病を予防してまいりましょう。

プラークコントロールについて

プラークコントロール=歯磨き(ブラッシング)だと誤解している人も多いのですが、プラークコントロールはブラッシングだけでなく、デンタルフロスを用いたフロッシングや歯間ブラシの使用など、歯に付着したプラーク(歯垢)の量を減らす行為全般を指します。

プラーク(歯垢)とは、食べカスではなく細菌の塊です。プラーク1mg中の細菌数は約10億と言われています。このプラーク中の細菌が産生する「酸」や「毒素」が虫歯や歯周病の主な原因となります。この細菌数を減らせば、虫歯や歯周病を予防・改善させる事ができます。

しかし、プラークは口をゆすぐだけやジット水流のような物では簡単には落ちません。ブラッシングやフロッシングなどで機械的に擦り落とす必要があります。歯の表面がザラついていたりすると、たった2~3時間程度でプラークが作られてしまう事もあります。

ただ、プラークができたからと言って直ぐに虫歯や歯周病になる訳ではありません。虫歯への影響が始まるのは概ね24時間~48時間かかる為、理論上は1日1回完璧にプラークコントロールを行えば虫歯・歯周病を予防することが出来ますが、実際に完璧なプラークコントロールを行うのは難しい為、1日複数回プラークコントロールを行った方が虫歯・歯周病の予防効果は高くなります。

治療費

予防歯科

予防歯科治療
健康保険適用