歯の根の治療である根管治療は、歯髄(歯の神経)が炎症や感染を起こした時に必要になる治療です。
実は、術者の技量が最も問われるのが根管治療です。

根管治療・歯の根の治療

歯根が傷む原因

原因は深い虫歯、歯に亀裂、外傷などです。
炎症や感染をそのまま放置しておくと、歯が痛んだり、根の周囲の組織に炎症が広がったり、歯肉が腫れたりします。場合によってはリンパ節が腫れたり発熱したりと全身的にも影響が出る事もあります。最悪の場合、歯も抜歯を余儀なくされる事になってしまいます。これらを疾病を防ぐのが根管治療となります。

精密根管治療

根管治療は歯の寿命を決める重要な治療です。
当院では、可能な限り歯を保存していく為に、マイクロスコープによる精密根管治療にて施術しています。

マイクロスコープを使用した精密根管治療ならば、細く暗い組織を捉える事ができる為、狭い根管の深部まで明瞭に視認する事がでます。歯の根の治療精度は飛躍的にアップし、再発の可能性も非常に小さくなる為に、将来の抜歯のリスクも小さくなります。

根管治療の難しさ

歯科領域の中でも繊細かつテクニックを要する治療が根管治療です。
いわゆる「神経を抜く」と言われる根管治療ですが、根管治療がきちんとできていないと後日痛みが出たり、根の先に病気が出来て、最悪の場合には歯を失う事にもなりかねません。特に、以前に根管治療が終了している根が再び感染してしまった場合の「再根管治療」は非常に困難を要する事が多く、根気も必要となります。

根管治療はいわば、家作りの基礎にあたる部分に相当する治療行為になります。基礎がしっかりしていなければ、どんなにデザイン性の高い家でも直ぐにだめになってしまうように、基礎治療がしっかりできていなければ、歯もいずれは抜歯を余儀なくされる事になります。

この「根管治療」は当院の得意分野とするところであり、学問的知識に長年にわたる豊富な経験とマイクロスコープによる精密根管治療により、今まで保存不可能と思われてきた歯も丁寧かつ正確な治療を施すことで再生させています。

いかに最新器材や治療器具があっても、それを使いこなす「手」と「眼」が最も重要となります。他院にて抜歯宣言を受けた歯でも、あらゆる方策を講じて残していく当院の治療方針には、多くの患者様から称賛のお声を頂いています。

治療費

根管治療

歯の根の治療
健康保険適用