歯のトラブルって急に来ますよね! 今アクセスしている貴方がそうではありませんか!?
他院で抜歯宣告を受けた歯でも、当院の精密虫歯治療なら歯を残す事が可能かもしれません。

歯を残す虫歯治療

可能な限り抜かない・削らない

虫歯で歯に穴があいてしまった場合、虫歯になった部分を削って補修しなければならないのですが、歯は削れば削るほど弱く・脆くなっていきます。削ってしまった歯や抜歯した歯は二度と元には戻りません。ですから当院では、可能な限り歯を抜かずに残す為に最大限の努力で取り組んでいます。

何と言っても生まれ持った歯(天然歯)が一番です。

虫歯の原因 と進行

口の中には多くの細菌が存在しています。その中でも、虫歯を引き起こす最も重要な菌は、ミュータンス菌=ストレプトコッカス・ミュータンスです。砂糖を餌とした虫歯菌(ミュータンス菌)が酸を作り出し、歯の表面の硬いエナメル質を溶かし始めます。これが虫歯の始まりです。

虫歯が進行すると根管治療(神経の治療)が必要となります。神経を取ると言う事は、それだけ歯の寿命を縮める事になります。

歯を残していく為には、虫歯の早期発見・早期治療が重要である事は言うまでもありません。

歯を残す精密歯科治療

【精密虫歯治療】
マイクロスコープ(顕微鏡)を使用した精密虫歯治療ならば、患部をより正確に見極める事が出来る為、ほとんど痛みを感じる事なく虫歯の部分のみを過不足なく必要最小限で削り取りる事ができます。虫歯の再発を防止する精度の高い治療です。

【精密根管治療】
歯の寿命を決める重要な治療が根管治療(神経を抜くと言われる治療)です。マイクロスコープを使用した精密根管治療ならば、細く暗い組織を捉える事ができる為、狭い根管の深部まで明瞭に視認する事ができるので、歯の根の治療精度が飛躍的にアップします。

治療費

虫歯

虫歯治療
健康保険適用