現代人の欠損歯数は減少傾向になってはきたものの、今でも義歯の需要は相変わらず多いのが現状です。しかし、義歯でご苦労されている方が多いのも現状です。そのような方は、是非、義歯診断・入れ歯チェックにお越し下さい。義歯の不具合の原因を徹底的に解明します。

義歯・入れ歯

インプラント? 入れ歯?

インプラント治療は、その処置内容がとてもシステム化され、マニュアルに従って行えば、それなりに良い結果が得られると言う安心感から、普及がかなり進んできたものと思います。

しかし、欠損部における全ての治療がインプラント治療に置き換わるとは考えにくく、部分入れ歯がその主役である事は変わりないと思います。

当院の義歯治療方針

顎の骨に対して外科的処置を行う事にためらいを感じる方々や、その治療自体に不安をお持ちの方々には、やはりまずオーソドックスな部分入れ歯をご提案させて頂いております。

お口の中の様子には個人差がありますので、一概に「欠損歯数が何本ならばこの形」と言う定型的な考え方ではなく、残存している歯やその状態、或いは噛み合わせや義歯が入る場所の歯ぐきの形状など、細かい審査・診断が必要と考えています。

症例に合わせた様々な義歯

● 健康保険対応義歯
【保険】レジン床義歯
義歯のベース(基礎床)となる部分が全てレジン(合成樹脂)でできている入れ歯です。口蓋部に少し義歯の厚みが出ますが、調整や修理は比較的容易に行えます。

● 違和感を軽減した総義歯
【自費】金属床義歯
義歯のベース(基礎床)となる部分に金属を用いた入れ歯です。口蓋部が金属製なので、薄くて丈夫です。また、熱い・冷たいを感じる事ができます。

●違和感を軽減した部分義歯
【自費】金属床義歯
義歯のベース(基礎床)となる部分に金属を用いた部分入れ歯です。レジン(合成樹脂)の部分を一部金属製とする事により、小さくて丈夫な義歯とする事ができます。

● バネの目立たない義歯
【自費】ノンクラスプ義歯
金属製の維持装置である針金やバネの全くない高弾性特殊合成樹脂の義歯です。特徴は、見栄えがよく、薄くて軽く、汚れ・匂いが付きにくく、ノンアレルギー素材である事です。

● バネの無い義歯
【自費】コーヌスクローネ義歯
義歯に金属のバネがあ有る・無いの違いだけで口元の見た目は大きく変わります。自分の歯がある程度残ってる場合、コーヌスクローネというバネのない二重冠構造による取り外しができる入れ歯・さし歯が可能です。

義歯で苦労されている方へ

入れ歯の悩みは人それぞれ。決して諦めないで下さい。入れ歯の不具合を解明し、一緒に解決方法を探っていきましょう。まずは、なぜ今までの入れ歯が具合が悪いのかを調べ、今ご使用中の入れ歯でも上手く噛めるように調整致します。

新しく作る義歯を製作する必要がある場合は、ご希望やご要望をお伺いし、そのご不満やご要望を新義歯の設計に反映させ、担当の技工士と綿密な打ち合わせを行いながら、お一人々にピッタリ合った義歯を作製させて頂いております。

治療費

義歯・入れ歯

保険義歯
健康保険適用
自費:部分義歯
¥180,000~
自費:総義歯
¥300,000