抜く・削る治療から、

可能な限り歯を残す治療へ

歯は削れば削るほど弱くなり、削ってしまった歯質や抜いてしまった歯牙は戻って来る事はありません。
ですから当院では、できる限り歯を削らない・可能な限り歯を抜かない治療方針にて施術しております。

歯を残す治療とは

温存療法

以前であれば即座に抜歯になっていたような歯を、先端医療機器である歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)や最新の接着技術などを用いる事によって、可能な限り歯を抜かずに残していく治療法が「歯の温存療法」と呼ばれています。

抜歯宣告を受けた歯でも、当院が行っている精密歯科治療ならば、歯を残す事が可能かもしれません。是非一度、ご相談下さい。

当院の温存療法

「歯の根治療(根管治療)を受けているが、なかなか治らない」、「神経を取って被せ物をしましたが、最近になってまた痛み出した」などという症状の場合、根管内や歯根先端部が化膿して炎症を起こしている事や歯の破折を起こしている事が考えられます。

このような場合、再度行う根管治療(やり直しの治療)は、複雑な治療工程になり、かなりの手間と時間がかかりますが「歯を残す治療」の基礎となりますので、決して手の抜けない重要な治療となります。

歯の保存の可能性は、破折の位置、長さ、大きさ、残存歯質の状態、感染の有無、対合する歯の状態、隣接する歯の状態、咬み合わせなど様々な要因が関係します。治療のご相談は、初診にて来院されて直接状態を診て(必要に応じてX線撮影)からのご相談となる事をご了承ください。

残念ながら保存が難しく欠損治療を考える際は、どういった治療法がいいのかご相談させて頂いております。治療法は多種多様(ブリッジ、部分入歯、歯牙移植など)、どの治療法がベストかは個人により異なります。一人で悩まず、お気軽にご相談下さい。

歯を温存する虫歯治療
歯を残す根管・歯の根治療
マイクロスコープによる精密歯科治療