抜く・削る治療から、

可能な限り歯を残す治療へ

歯は削れば削るほど弱くなり、削ってしまった歯質や抜いてしまった歯牙は戻って来る決して事はありません。
ですから当院では、できる限り歯を削らない・可能な限り歯を抜かない治療方針にて施術しております。

歯を残す治療とは

温存療法

以前であれば即座に抜歯になっていたような歯を、先端医療機器=歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)や最新の接着技術などを用いる事によって、可能な限り歯を抜かずに残していく治療法が「歯の温存療法」と呼ばれています。

抜歯宣告を受けた歯でも、当院が行っている精密歯科治療ならば、歯を残す事が可能かもしれません。是非一度、ご相談下さい。