歯磨き・歯ブラシについて(恵比寿 歯科・武内デンタルクリニック)

睡眠呼吸障害

睡眠呼吸障害について

睡眠呼吸障害
睡眠呼吸障害

睡眠中に無呼吸を繰り返すと、様々な合併症を引き起こします。症状としては、いびき、夜間の頻尿、日中の眠気や起床時の頭痛などが認められます。

特に日中の眠気は、作業効率の低下、居眠り運転事故や労働災害の原因にもなります。

睡眠呼吸障害について、ご説明致しましょう。


睡眠呼吸障害 ダイアリー

睡眠呼吸障害と歯科的関連

睡眠時無呼吸症候群、いびき
睡眠歯科学では、睡眠医学の中で歯科の分野に属する疾患が対象となり、閉鎖型睡眠時無呼吸症(OSA)やいびき症に代表される睡眠呼吸障害(SDB)ならびに睡眠ブラキシズムなどの睡眠関連運動障害が含まれます・・・

終夜睡眠ポリソノグラフィー検査
OSAに関する疫学研究はこれまでにもいくつかの報告があり、本邦における有病率は成人男性で約3~16%、女性で約2~5%とされています・・・

肥満はOSAの発症に関与する重要な要因?
肥満はOSAの発症に関与する重要な要因とされていますが、日本人のOSA患者では極端な肥満傾向を示す患者は少数であり、普通体重が多いとされています・・・

OSAに対する治療法
OSAに対する治療法としては、医科歯科連携による治療が必要であり、減量や側臥位睡眠などの生活習慣の改善と共に保存療法や外科的療法などが行われています・・・

OSAに対する外科療法
OSAに対する外科療法としては、扁桃摘出術、口蓋垂軟口蓋咽頭形成術、レーザーを用いた口蓋垂軟口蓋形成術、舌縮小、舌骨挙上術、上下顎骨前方移動術などの種々の手術法が用いられてきましたが・・・

睡眠呼吸障害:恵比寿の歯科医院(歯医者)、歯科・武内デンタルクリニック

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る