歯科口腔外科について:恵比寿の歯医者・歯科医院、歯科・武内デンタルクリニック

歯科口腔外科

歯科口腔外科治療

歯科口腔外科イメージ
歯科口腔外科イメージ

歯科口腔外科では、親知らずの抜歯や顎関節症の治療、外傷の治療等と言った顎口腔領域の外科処置を中心として、その疾病全般等を扱います。

取り扱う疾病も、炎症や骨折、腫瘍にとどまらず、奇形や各種症候群に至るまで口腔内の多種多様な疾病を受け持っています。

歯科口腔外科ダイアリー

口腔癌

口腔癌の早期発見と治療
口腔癌をどのように治療していくのか、診断と口腔癌の最も原則治療は外科的切除となります・・・

口腔癌を含む頭頸部癌患者の診断における問題
口腔癌を含む頭頸部癌患者の診断における問題として重複癌と多発癌があります・・・

口腔癌の治療では外科的切除が基本
口腔癌の治療では、口腔内にある癌が小さく、また表在性である場合や頚部リンパ節に転移が・・・

放射線治療・がん化学療法について
放射線治療は、口腔癌では通常は早期の切除可能病変に対する機能温存の目的で実施されるか・・・

放射線治療は機能と形態を保存できる治療
口腔がんを含めた頭頸部で最も多く発生するのは扁平上皮癌でありその場合、根治的には66~70Gy、準根治的には50~60Gy、緩和的には30~40Gyが目安とされます・・・

口腔は咀嚼・味覚・栄養摂取にとって重要な組織
口腔は咀嚼や味覚だけでなく、栄養摂取にとっても重要な組織であり、また整容面においても機能温存が強く望まれる部位と言えます・・・

口腔ガンの早期発見

口腔ガンの罹患数は30年前の約3倍に
口腔ガンは日本でも増加傾向にあります。現在は口腔ガン検診がないため、これを増進するための歯科診療所の役割に動きが出てきました・・・

一般歯科医が日常診療の中で口腔がんの早期発見
口腔がん検診で一般歯科医に期待されるのは、不特定多数の人の中から疑わしい人を拾い上げるスクリーニング機能です・・・

LBC法口腔内細胞診検査
近年は、LBC法(Liquid based cytology/液状化検体細胞診)と呼ばれる新しい口腔内細胞診検査が登場し、検査にかかる手間は少なくなっています・・・

歯科医療における3Dプリンタの活用

手術の安全性と精度の向上への貢献が期待される
ここ数年、歯科診療の現場でもデジタル化が進み、赤外線とパソコンを使ったデジタル印象採得(歯の型どり)を導入する歯科医院も現れてきています・・・

手術支援ツールとして3D造形モデルが大活躍を始める
手術支援ツールとして3D造形モデルが大活躍を始めてきました。3D造形モデルとは、UV(紫外線)硬化性樹脂を噴射し、UVランプで硬化させながら積層するという仕組みで出来上がる模型の一種です・・・

歯科医療特に口腔外科分野における大きな発展・前進に期待
患者さんの画像データをデジタル処理し、3Dプリンタで作製した3次元造形モデルは、患者さんの説明にも有用で、病態や治療法に対する理解を助ける大きなツールとなります・・・

歯科口腔外科:恵比寿の歯科医院(歯医者)、歯科・武内デンタルクリニック

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る