予防歯科・口腔内細菌と全身疾患:恵比寿の歯医者・歯科医院、歯科・武内デンタルクリニック

口腔内細菌と全身疾患

予防医学・歯学の重要性の高まり

「人生100年時代」の今、予防医学の重要性が高まってきています。こうしたなか、歯科医療の分野においては、口腔内の悪玉菌を除去し、口腔内細菌叢を健全化することで全身疾患の発症を予防する取り組みが始まっています。

口腔内には700種類以上の細菌が存在しますが、この20年ほどの研究で「悪さ」をするのは歯の表面でバイオフィルムを形成しやすい菌で、そうした菌の種類は限られていることが分かってきました。

その代表的なものが、ウ蝕の原因となるミュータンス菌、歯周病の発症に最も関係が深いとされるレッドコンプレックス(ポルフィロモナス・ジンジバリス菌、トレポネーマ・デンティコーラ菌、タンネレラ・フォーサイシア菌)などです。これらの菌のやっかいなのは、歯肉の傷から血液中に侵入して菌血症を生じ、体内のさまざまな部位や臓器に異所性感染を引き起こすことです。

エリザベス異1世がウ蝕から敗血症に至り絶命したことは有名で、かなり以前から口腔内細菌が全身疾患と関連していることは知られていました。

ちなみに、同じ常在菌の腸内細菌も門脈系経路で菌血症を起こしますが、肝臓で分解されるため、口腔内細菌のように異所性感染を起こし全身に悪影響を及ぼすことはありません。

さらに近年は、疫学研究によって個々の菌における全身疾患との関係も具体的に判明しています。
なかでも、要注意なのがポルフィロモナス・ジンジバリス菌(P・ジンジバリス菌)です。この菌は、タンパク質に含まれるアルギニンをシトルリンに変える酵素を持っているため、その作用によって変異したたんぱく質を体が異物とみなし、関節リウマチや潰瘍性大腸炎などの自己免疫疾患を発症すると考えられています。

このようなことから見ても、歯科が全身の疾患を担う時代になってきており、口腔内の悪玉菌を除去する専門外来での取り組みが重要視されてきています。

口腔細菌による疾病リスク

前号でお話しました菌血症ですが、これによって全身へ散らばったP・ジンジバリス菌が血管内皮細胞に付着し侵入することにより、炎症が誘発され、最終的にはアテローム性プラークを形成し、動脈硬化や虚血性心疾患を引き起こすといわれています。

そのほか、膵臓がん、糖尿病、脳血管障害、認知症、高血圧症、肺炎、早産などの発症要因になることも指摘されており、P・ジンジバリス菌の毒性の強さが明らかになってきています。

このP・ジンジバリス菌をはじめ、口腔細菌による疾病リスクが解明されるとともに、疾病予防の観点から口腔細菌叢の健全化を図ることが重要だと考えられるようになりました。悪玉菌を除去し、ヒトに有用な菌をできるだけ多く残すということです。

そして、
1. 機械的な清掃による物理的除去
2. ケミカルコントロールによる科学的除去
3. プロバイティクスによる生物学的除去
4. 細菌検査を活用した免疫学的除去

の4つの方法を組み合わせた除菌治療に取り組む歯科施設が増えています。

重要なのは、歯の表面にバイオフォルムを形成しやすいミュータンス菌や歯周病菌などの悪玉菌を除去することです。そこで、歯の表面に限定して除菌治療を行う方法である「3DS(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)」と名付けられた除菌法が、2013年から鶴見大学歯学部附属病院に開設された「3DS除菌外来」で治療が開始されました。

除菌希望者には口腔細菌を調べる唾液検査を行うとともに、機械的処置(簡単な歯石除去など)により歯垢や歯石をまず除去します。その上でコロルヘキシジンや次亜塩素酸電解水などの殺菌成分を含んだ薬剤を使って除菌します。

唾液中や口腔粘膜上で増加するヒトに有用と推測される菌は生かしておきたいので、その人の歯型に合わせて作製した専用のマウスピースのトレーに薬剤を注入し、1日1回、5~10分間装着することによって歯の表面に常在するP・ジンジバリス菌やミュータンス菌などの悪玉菌だけを集中的に除菌します。

この除菌法が広く街中の歯科医院に普及して、重篤な脳血管障害や動脈硬化などが、予防できるようになるといいのではないでしょうか。


口腔内細菌と全身疾患

予防医学・歯学の重要性の高まり、口腔細菌による疾病リスク
予防歯科に戻る

恵比寿の歯科医院(歯医者)、歯科・武内デンタルクリニック

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る