歯周病、歯を失う前に歯周病治療・歯周病予防:恵比寿の歯医者・歯科医院、歯科・武内デンタルクリニック

歯周病・歯周病治療

歯周病・歯周病治療とは

歯周病イメージ
歯周病イメージ

歯茎の腫れ、もしかして歯周病!?

歯周病とは歯肉に炎症が引き起こされ、放置しておくと膿が出たり、口臭がひどくなり、歯がグラグラとなり、最後には大事な歯が抜け落ちてしまう病気です。

歯周病の怖いところは、虫歯と違って初期段階では痛みを感じる事が少ない(自覚症状がない)と言う事です。

~ 歯周病の原因 ~

歯周病の原因はプラーク(歯垢)です。

プラークは、歯の表面に集まる目には見えない細菌からできているネバネバとした薄い膜です。プラークは次第に堅くなって歯石となります。これが感染を招き、次第に歯の周囲にポケット(歯と歯肉の隙間)ができ、歯を支持している組織(歯肉や歯槽骨等)を破壊していきます。


歯周病の進行

歯周病はバイオフィルム(細菌塊)感染症

歯周病は細菌感染症で、その発症にはA.a.菌やP.g.菌など数種類の細菌がかかわっており、歯垢(プラーク)を長期間放置する事でバイオフィルムという細菌集団の膜が歯に強固に付着し、歯周病を進行させるのです。

歯周病が進行すれば、歯茎が炎症をおこし、しだいに骨は溶けていき、最後には歯の周りに骨がなくなってしまい、グラグラになった歯は抜かないといけなくなります。

歯周病の進行

当院の歯周病治療

歯周病の原因を細かくチェック、バイ菌を徹底的に除去

歯周治療を希望して来院される患者さんの多くの場合は、歯周病の何らかの症状がすでに現れており、かなり病状が進行しているケースが多く、治療に要する期間も長くなります。治療は早く終わるにこした事はありませんが、じっくりと腰を据えて治療を受ける心構えを持つ事が最も重要です。

また、歯周病は本人に自覚がないままに進行するという病気でもある為に、歯周病が進行していると思われる患者さんには、十分に歯周病に関する説明を行ない、治療の必要性をお話しております。

歯周病治療のステップ

STEP1. 診査

まず病状の正確な把握の為に、さまざまな診査(口腔内写真・歯周ポケット計測・歯の動揺度検査等)を行ないます。この診査は適切な診断と、治療計画の立案の為に非常に重要です。

STEP2.診断、治療計画の決定

検査の結果をもとに、患者さんに現在のお口の中の状態を十分にご説明致します。
そして、病状を診断し治療計画を立てます。歯周病の治療には、患者さんそれぞれにあった計画的な治療が必要となります。

STEP3.治療

治療計画をご説明、ご納得頂いたのち治療を開始致します。
一般的に歯周治療は以下のようなステップで行なわれます。

1.プラークコントロール
プラークは、まるで車のボディーに付いた「水垢」のような物なので、口をゆすぐだけやジット水流のような物では簡単には落ちません。ブラッシングやフロッシングなどで機械的に擦り落とす必要があります。

2.バイオフィルムの除去
通常の歯磨きで十分に取りのぞけないバイオフィルムの除去には、歯科医院で行う専門的なクリーニングである、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)が効果的です。

3.プラークコントロールの確認
日ごろのプラークコントロールが、うまく出来ているかどうかの確認には、プラークスコアーと云う指標が使われることが多く、専用の歯垢染色剤によるプラークの染め出しを行い、歯のどの面が染まったかをチェックします。

4.リスクファクターの改善
歯周病の直接的な原因はプラーク(細菌の塊)ですが、関節的な原因(リスクファクター)を取り除くことは歯を歯周病から守るために大切なことです。口腔内の問題として、細菌のたまりやすい環境や歯に過度の力が加わること。全身的な問題として、免疫力を落としやすい行為や唾液の分泌を減らす行為となります。

5.再検査
歯周病の進行度合いの指標を検査し、今後どのような歯周治療が最適なのかを精査していきます。

6.より良いお口の環境を得るための治療
歯周病を予防する為には、毎日の歯磨きが重要と言うお話をしましたが、ご自身だけではおのずと限界があります。専門的ケア(メンテナンス)を行い、より良いお口の環境を維持する為の指導・アドバイス等をさせて頂きます。

歯周病治療のゴールは何かと問われれば

歯周病治療のゴールは何かと問われれば、さまざまの教科書には歯周ポケットの深さを基準にしているものが多く見られます。しかし、その数値を何mmにすれば良いと云う数値は実はどこにも書かれていません。

歯科医療従事者に「歯周病治療のゴールはポケット何mmにすれば良いか」と聞くと、多くの人が3mm以下と答えます。その数字はどこから来ているのでしょうか?健康な人の正常なポケットが大体3mm以下だから歯周病のゴールも同じだと思い込んでの答えと思います。

歯周病のゴールには「ポケットの深さ」よりも大切なものがあるのです。
例えば、同じ部位を4回ポケット測定して、4回連続して出血した部位は、4年間で歯周病が30%進行しましたが、毎回出血していない部位の歯周病は98.5%が進行しないことが分かっています。

極端に言えば、ポケットが10mmあったとしても、出血しなければ歯周病は進行しません。
ポケット測定時の出血(Bleeding on Probing : BOP)は言うまでもなく歯肉縁下の炎症症状の指標となります。そして、炎症こそが歯周病の本体ですので、この研究結果からBOP、つまり炎症をコントロールすることが歯周病治療における重要なファクターであることがわかると思います。

つまり、歯周病のゴールはメインテナンスによって「歯周病が進行しない=出血のない」ポケットに改善する事(BOPゼロにする事)が目標となります。

定期的なメンテナンス

定期的にきっちりとメインテナンスを行なえば、歯周病の進行は食い止める事ができます。適切なブラッシング技術を身につけ、プラークを除去できれば、歯周病は確実に改善していきます。

治療によって歯周病が改善すれば、定期的なメインテナンスに移ります。
歯周病はバイオフィルム感染症です。ですから、適切にプラークコントロールする事でバイオフィルムの形成を防ぐ事ができます。プラークコントロールは、患者さん本人が家庭で行なう事が中心となりますが、歯周病は容易に再発してしまう病気の為、定期的に来院して頂き検査(検診)する事をお勧め致します。

歯科医院に行くと、先生の他に何人かのスタッフの方の姿を見かけると思います。その中に「歯科衛生士」と云う資格(都道府県知事免許所持者)を持った方がいて先生の指示の元、患者さんの口腔内に必要な処置・施術等を行っている場面を見ることがあると思います。

この歯科衛生士のお仕事のなかに、歯の掃除やメインテナンス業務があり、歯周病の大部分はこの歯科衛生士の受け持ち分野で治すことができると言えるのではないでしょうか。

歯科医院に行くと、先生の他に何人かのスタッフの方の姿を見かけると思います。その中に「歯科衛生士」と云う資格(都道府県知事免許所持者)を持った方がいて先生の指示の元、患者さんの口腔内に必要な処置・施術等を行っている場面を見ることがあると思います。

この歯科衛生士のお仕事のなかに、歯の掃除やメインテナンス業務があり、歯周病の大部分はこの歯科衛生士の受け持ち分野で治すことができると言えるのではないでしょうか。

予防歯科・プラークコントロールについて

歯周病ダイアリー

歯周病のあらまし

歯周病の進行には個人差があります
日本人の8割が罹患していると言われる歯周病。決して同じではなく、実に様々な病態があると言われています。歯周病の進行は、個人によって大きな差があることを明らかにした研究があります・・・

歯周病は歯周三大要因(細菌、体の免疫力、環境)
歯周病は歯周三大要因の相互作用で起こる病気です。まず、急激に歯周病が進行してしまう患者さんは、この3つの要因の相互作用にとても敏感に反応するタイプだと考えられています・・・

歯周病:恵比寿の歯科医院(恵比寿駅西口・歯医者)、歯科・武内デンタルクリニック

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る