大人の虫歯対策(3)根面う蝕(根面虫歯)は、進行性か停止性か:恵比寿の歯医者・歯科医院、歯科・武内デンタルクリニック

大人の虫歯対策(3)

根面う蝕が発見しにくく、発見しても処置が難しい理由

歯冠表面のエナメル質は96%が無機質で有機質はわずかであるのに対し、歯根部象牙質は無機質が66%で有機質(そのほとんどがコラーゲン)が18%を占めています。そして12%は水分です。さらに硬さ(ヌープ指数で表現)エナメル質431に対し象牙質は68と低くエナメル質より物理的、化学的に脆弱です。

この象牙質のミネラルが、プラーク中の細菌が作り出す酸によって溶解し、次いでコラーゲンが分解されてう窩が形成されることで、根面う蝕が発症します。

根面う蝕(根面虫歯)が発見しにくく、発見しても処置が難しい理由は次のようなことによります。

  • 健康な象牙質との境界の鑑別が困難
  • 歯根の全周にわたって罹患し、かつ多数歯に及ぶことがある
  • 歯肉縁下に進行していると、切削、防湿、充填が困難
  • 歯髄(神経)に接近していることがある。
  • Tooth Wear(歯の損耗:酸蝕、摩耗、咬耗)が進行を促進する。
  • 修復物による更なる不潔域の提供。

などが挙げれます。

主に中高年の方で見られる特徴の一つとして、歯ブラシを手の平でがっちり握って、左右にゴシゴシと歯磨き剤をいっぱい付けて磨く習慣をお持ちの傾向があるように感じることがあります。

この「左右にゴシゴシ磨く」ことによって、歯と歯ぐきの境目あたりの歯そのものが歯ブラシによって削れてしまい、完全に象牙質が露出した状態になってしまうことがあります。加えて、歯磨き剤をいっぱい付けて磨けば、歯磨き剤に含まれている研磨剤によって、さらに摩耗が進んでいくことも考えられます。

先に述べましたように、硬さも軟らかく成分的にも弱い象牙質が口腔内に露出すれば、根面う蝕に罹患してしまうのは、もはや時間の問題とも言えるのではないでしょうか。また、根面う蝕に罹患しなくても今度は「知覚過敏症」を発症する可能性が出てきます。このような状況になった場合、鏡で見てみると外観的に「歯が長くなった」ように感じることもあり、顔貌が以前と違ったようににみえることもあります。

心当たりのある方は、近隣の歯科医院で一度チェックを受けれらるとよろしいと思います。歯科医院で教えてもらう磨き方でやってみると、当初は「磨いた気がしない」かも知れませんが、清掃性や清掃効果には全く問題はありません。

まずは、現在ご自身で行っている磨き方に、何処か一ヶ所にプラスαの磨き方として加えてみることから始めるといいかも知れません。

根面う蝕は進行性か停止性かを見極めてから処置方針決定

根面う蝕(根面虫歯)は、進行性か停止性かを見極めてから処置方針を決めます。進行性の場合は表面が軟らかく、患部は黄色から薄茶色、プラーク沈着がみられるものは「う蝕進行抑制剤」を使用するか「レジン」などで充填します。進行段階に応じた処置は次のようになります。

  • 初期の状態:表面の削除(研磨、形態、修正)
  • 中等度の状態:修復処置(グラスアイオノマー、コンポジットレジン)
  • 進行した状態:必要に応じて歯髄処置、抜歯)
    停止の場合は、表面が硬く黒色で、すぐに処置をせずに経過を観察することが必要です。う蝕予防のエビデンスは、フッ化物応用とシーラントです。世界的な子どもう蝕の減少にはフッ化物配合歯磨剤の普及が大きく貢献したと考えます。成人についても、フッ化物応用物の効果が評価されており、成人でも子どもの場合と同様にフッ化物がう蝕予防に効果的と結論付けられています。

    また、う蝕予防にとって、歯磨剤のフッ化物濃度1.000ppm以上の高濃度ほど効果的とされ、根面う蝕予防と進行抑制には、フッ化物配合濃度が5.000ppmと高い方が効果的であると云う臨床試験報告もあります。

日本では、1.000ppm以下と云う制限がり、根面う蝕を効果的に予防するには、場面に応じて予防歯科製品を使い分け、根面う蝕の予防効果を増強させることが得策と考えます。これらをまとめてみると、次のようになります。

  1. フッ化物とともに、根面う蝕の予防効果を増強させる添加剤を配合した歯磨剤を利用する。
  2. フッ化物配合歯磨剤の効果をより高める使用方法(少量洗口など)あるいは、ダブルブラッシング法(※1)を利用する。
  3. フッ化物配合歯磨剤使用後のの洗口にフッ化物洗口剤を用いる。
  4. 就寝直前のブラッシング後に、フッ化物洗口剤で洗口し、再石灰化の促進に有効な口腔内のフッ化物濃度を長時間確保する。

日々の生活に中に直ぐに取り入れることは、なかなか難しい部分もあるかと思いますが、まずは出来そうなところから実践してみるように心がけたいとこです。

※1フッ化物配合歯磨剤を用いてブラッシング後、十分に洗口し、次いでフッ化物配合歯磨剤で歯の表面に塗るように延ばし、洗口はごく軽くあるいは無洗口で済ませる方法。

虫歯ダイアリー

大人の虫歯対策

二次う蝕(虫歯)や歯間部など、エナメル質の次に歯根部を必ず診る
人々の健康への関心の高まりは、歯科領域においても「自分の歯を大切にすること」につながり、歳を重ねても自分の歯の保有数が増加する傾向にあります・・・

大人の口腔ケアへのフッ化物の利用
虫歯予防として、フッ化物応用がありますがその対象は、乳歯や萌出したばかりの永久歯ばどエナメル質う蝕になりやすい子どもが中心でした・・・

根面う蝕(根面虫歯)は進行性か停止性かを見極めてから処置方針決定
進行性の場合は表面が軟らかく、患部は黄色から薄茶色、プラーク沈着がみられるものは「う蝕進行抑制剤」を使用するか「レジン」などで充填します・・・

虫歯治療に戻る

虫歯:恵比寿の歯科医院(恵比寿駅西口・歯医者)、歯科・武内デンタルクリニック

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る