大人の虫歯対策(2)根面う蝕は加齢と共に増加する:恵比寿の歯医者・歯科医院、歯科・武内デンタルクリニック

大人の虫歯対策(2)

大人の口腔ケアへのフッ化物の利用

虫歯予防として、フッ化物応用がありますがその対象は、乳歯や萌出したばかりの永久歯ばどエナメル質う蝕になりやすい子どもが中心でした。 一方、最近では、4人に1人が65歳以上の高齢者で、それぞれ自分の歯の保有本数も増加しています。

その結果、歯周病患者数も増加し、その治療により歯肉が引き締まることで、根面が露出してしまう患者さんが増加してきていることも確かです。そのために、根面う蝕(根面虫歯)対策が新たな課題となっています。

ここで見直したいのが大人の口腔ケアへのフッ化物の利用です。う蝕(虫歯)治療後のセルフケアにフッ化物配合の歯磨きを使用することで、歯と人工物の隙間に住み着いた菌の活動を抑え、脱灰後の再石灰化を促進することが期待できます。定期的な歯科医院でのプロケアと組み合わせることで、二次う蝕の危険性を大幅に減らすことができます。

日本ではおとなへのフッ化物の応用例は決して多くありません。それは、フッ化物がまず子どもを対象にスタートしたと云う歴史があるからです。

1968(昭和43)年に当時の厚生省医務局歯科衛生課が発行した冊子「弗化物溶液の洗口法よるむし歯予防」では、う蝕予防にフッ素の利用が有効であることを認め、歯磨剤へのフッ化物添加が望ましいとしているものの、その対象は「子ども」でした。歳月が流れ、2003(平成15)年に厚生労働省医政局長・健康局長連名で都道府県知事宛ての送られた「フッ化物洗口ガイドライン」では、洗口によるフッ化物応用は4歳から老人までに適応されると云う記述が登場し「成人の歯頸部う蝕や根面う蝕の予防にも効果がある」と記されました。

スーパーやドラッグストアーの歯ブラシコーナーを見てみると、国内外の多種多様な歯磨きが並んでいます。その中で「歯の黄ばみを白くする」効果を謳うものが最近よく目に留まります。もちろん「白い歯」は男女を問わず、魅力的に感じる要素であると思いますが、ホワイトニングを希望される方の中には、ご自身で思っているよりも、ホワイトニングを行うレベルでない方も多く見かけます。

フッ化物応用の歯磨き剤で磨いていれば、虫歯になることを100%防ぐことが出来ると云う事ではありませんが、外観よりもその本質であり。原点でもある虫歯予防に今一度目を向けて見ては如何でしょうか。

その為にも、前回でも申上げたようにかかりつけの歯科医を持つことは、大変重要な事だと思います。

根面う蝕の有病状況の調査「根面う蝕は加齢と共に増加する」

前回、根面う蝕(根面虫歯)について触れましたが、日本とアメリカで実施された根面う蝕の有病状況の調査では「根面う蝕は加齢と共に増加する」と云う共通の結果が得られました。これは、その後の根面う蝕に関する調査結果においても同様です。

これを受け、現在のWHO(世界保健機関)による口腔診査法では、歯冠部う蝕と根面う蝕を分けて診査することになっています。日本では健康志向の高まりや予防歯科に対する意識の高まりから、今後も歯冠部う蝕の減少が予測される一方、成人の残存歯の増加、高齢化の進展で、歯周疾患は増加されると予測され、結果として根面う蝕が増加し、QOLの低下が懸念されています。

根面う蝕は、歯肉や歯槽骨に隠れている歯根部が露出し、菌が産生する酸の攻撃を受けて発生します。歯根が露出する主な原因は、歯周治療による歯肉の炎症の沈静化と、歯槽骨の吸収によって歯肉が退縮するためです。

歯肉の退縮を含め、根面う蝕発症の要因を整理すると次のようになります。

  • 年齢
    根面う蝕は歯肉退縮の起こる高齢者に多い疾患です。

  • プラークコントロール
    根面う蝕は、プラーク中の細菌が作る酸で脱灰が起こります。歯冠部の表面は酸に強いエナメル質に覆われ、脱灰が始まる臨界phも5.5程度ですが、歯根部は酸に弱い象牙質で覆われ、臨界phが6.2~6.7と中性に近いため、プラークコントロールが根面う蝕予防の大きな要因であり、身体機能が低下し、プラークコントロールが困難な高齢者はリスクが高まります。

  • 唾液分泌量
    唾液分泌量が減少すると、食物残渣や細菌などを洗い流す自浄作用や酸性の口腔内を中和する緩衝作用も低下し、根面う蝕発生の危険性が高まります。唾液量は高齢になると夜間などの安静時に減少するとともに、薬の常用で減少し、う蝕が増加することもあります。

  • 細菌叢
    う蝕および歯周病へ移行する際には最近叢の変化が起こります。

これらの事が複雑に関係し、根面う蝕発生という現象を起こしていきます。

虫歯ダイアリー

大人の虫歯対策

二次う蝕(虫歯)や歯間部など、エナメル質の次に歯根部を必ず診る
人々の健康への関心の高まりは、歯科領域においても「自分の歯を大切にすること」につながり、歳を重ねても自分の歯の保有数が増加する傾向にあります・・・

大人の口腔ケアへのフッ化物の利用
虫歯予防として、フッ化物応用がありますがその対象は、乳歯や萌出したばかりの永久歯ばどエナメル質う蝕になりやすい子どもが中心でした・・・

根面う蝕(根面虫歯)は進行性か停止性かを見極めてから処置方針決定
進行性の場合は表面が軟らかく、患部は黄色から薄茶色、プラーク沈着がみられるものは「う蝕進行抑制剤」を使用するか「レジン」などで充填します・・・

虫歯治療に戻る

虫歯:恵比寿の歯科医院(恵比寿駅西口・歯医者)、歯科・武内デンタルクリニック

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る