本当の審美歯科・美容歯科治療とは:恵比寿の歯医者・歯科医院、歯科・武内デンタルクリニック

美容歯科

「美容歯科」、錯綜する情報に惑わされる患者さん

近年、「美容歯科」を標榜する歯科医院がとても増えています。雑誌、インターネットなどの広告も非常に多くなっています。そうした現状の中で、誤った知識を持ってしまう患者さんが増えています。

「今すぐホワイトニングをしたい」と来院した患者さんの中には、広範囲にわたり口内に歯肉炎があったりすれば、まず歯肉炎を治療し、ブラッシング指導をして全体をきれいにすることが最優先され、それが完了してからでないとホワイトニングはできません。このプロセスには数週間~数カ月必要な場合もあります。

しかし「雑誌にはこう書いてある」と「本来の治療」に残念ながらご納得いただけない方も多くいらしゃいます。また、来院される患者さんの中には、広告やインターネットなどを見て受診し、無茶な治療を受けてひどい状態になって来院される方や複数の医院を転々としてきた方もいらっしゃいます。

当院では「基本に忠実な治療」「結果が検証された治療」「手堅い治療」を実践しているためか、お電話などによるお問い合わせやご相談の件数も、最近増加傾向にあります。

インターネットを始めとする宣伝広告の内容には、細かい治療ステップや個人差による違いなど、ありとあらゆるメリットやリスクなどの事柄を全て100%完璧に網羅することは、現実的には困難と思いますので、まずは受診前に「治療」ではなく「相談」を歯科医院へ申し入れることが肝要と思います。また、通常の歯科治療は1回1日で終わることが少ないもの(1回1日で終わるものもあります)と認識し、時間的(期間的)余裕を持って臨んだほうが良いように思います。

特に「美容歯科」関連領域の治療は、悪いところや痛いところを直す治療とは違い、はっきりした基準がなく、歯の白さや歯並びの良さなどはあくまでも主観による部分が多いことや、また健康保険適応内治療とは違い、選択肢の幅の広いことも大きな特徴と言えます。従って、「治療」の前の「相談」が重視されますので、「相談」には「時間」が必要になってくると思います。この「事前説明」が患者さんとの「信頼樹立」に最も大切な事であり、信頼関係が確立されていなければ、安心・安全な治療は勿論のこと、治療後の患者さんの満足も得られないものと思います。

蛇足ですが、当院では治療中に、うとうとされる方や寝入ってしまう方もいらっしゃいますが、安心して受診して頂いていることの「表れ」と解釈しています。

美しい歯とは「健康な歯」であることだと思います。年齢に合った美しい歯の基本は、歯を含めた口腔状態が健康であることだと云うことをお話しさせて頂いています。まず、歯石を取って健康な歯肉にすることが基本と思います。アンチエイジングと云っても、例えば60歳、70歳の方が陶器のような真っ白な歯にする必要性には疑問も感じます。その前に、まずご自身の歯が二十何本しっかり揃っていることが、美しい歯に必要なことだと思います。

即ち「美しくなる事」は「健康になる事」と云う事が基本である事を患者さんに伝えたいと思っています。


審美歯科・美容歯科

「美容歯科」、錯綜する情報に惑わされる患者さん

審美歯科に戻る

恵比寿の歯科医院(歯医者)、歯科・武内デンタルクリニック

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る