笑顔を取り戻す審美歯科・美容歯科治療:恵比寿の歯医者・歯科医院、歯科・武内デンタルクリニック

審美歯科・美容歯科

審美歯科治療とは

ここ数年における審美歯科の発展にはめざましいのもがあります。

昔は「奥歯は金で丈夫に、前歯は継歯(つぎば)で奇麗に」と言う時代がありましたが、現代では前歯は勿論の事、奥歯でも治療痕を全く残さない = 天然の歯と見分けがつかないほどの自然な感じの仕上がりを持った治療法が開発されています。

綺麗な歯 = 自然な歯を取り戻す事によって性格にも明るさが増したり、自分自身に更に自信が持てるようになったり、公私ともに社会生活に大きなプラス効果が生まれてくるようになります。


当クリニックでの審美歯科の治療方針

患者様個々のご希望にあわせた歯を製作

当クリニックでの審美歯科治療は、綺麗な口元や笑顔だけでなく、「よく噛める」「よく話せる」などの機能面も大切と考えており、本当の意味での「美しさ」を長く保っていく事を目的としています。

審美的治療をご希望される方々には、どのような点にお悩みをお持ちなのか、どのような問題を抱えていらっしゃるのかなど、親身になってお話をお伺いするカウンセリングが大切であると考えています。

様々な素材による審美歯科治療

治療法や治療に用いられる素材には、様々な種類があります。
「自分に合った治療法・素材は何?」まずその不安を解消する為に、患者さんのご要望・ご希望をよくお聞きした上で、症状によってどの素材が患者さんにとって一番手適しているのかなど、見本等を用いて具体的な詳しいご説明を行っています。

●オールセラミックについて

オールセラミックは、最も生体親和性が高く、耐食性にも優れていると言えます。オールセラミックを使用した治療の一番大きな特徴は、体にやさしいセラミックのみを使用しますので、金属にアレルギーのある患者さんにも安心してお使い頂けると言う事です。但し、非常に硬いという性質の反面、衝撃にはたいへん脆い特性を持っています。

●メタルバッキングセラミック(メタルボンド)について

金属とセラミックを張り合わせたさし歯の事を指します。現在、一般的に製作されているセラミックのさし歯がこのタイプです。金属フレーム(土台)の上に、セラミックを焼結させた構造ですので、もっとも自然の歯に近い色や形、歯並びを再現できます。長期間お使いになられても、色が変わると言った変色の心配もありません。フレームに使用する金属には、金主体のものと、金とその他の金属との合金のものとがあります。金の含有量が多い金属を使用する程、体に対する異害作用は少なくなります。

●ハイブリッドセラミックについて

レジン(プラスチックみたいな物)に、セラミックスフィラーを配合した素材で製作されたさし歯をハイブリッドセラミックスと呼びます。この素材は、セラミックに比べ軟らかいので対合歯との当たりがソフトであり、破損した時でも修復が容易に行なえます。しかし軟らかいだけに、対磨耗性(磨り減り)はセラミックにかないません。また吸水性がある事から、セラミックに比べて汚れや細菌が付きやすく、長期間お使いになると変色を起こす場合があります。

●ラミネートベニアについて

歯の表面を一層削り落とし、そこにセラミックまたはプラスチックの薄いシェルを貼り付ける治療法です。小さい歯を大きくして歯と歯の隙間を閉じたり、着色・変色した歯を白く見せる事ができます。歯を削る量が少なくて済みますが、歯の形、歯並びの修正には限界があります。

●ホワイトニングについて

ホワイトニングとは、プラスチックやセラミックといった人工的な材料で変色を被い隠すのではなく、あなた自身の歯を白く漂白する治療法です。歯の形や歯並びを変える事はできませんが、歯を削る必要はありません。
ホワイトニングについて、詳しくはこちらから

●審美、咀嚼機能回復義歯について

通常の保険の部分入れ歯ですと、義歯を安定させる為に金属の針金が必要となります。審美、咀嚼機能回復義歯では、金属の針金をできるだけ目立たなくしたり、義歯に仕込む特殊な装置により金属の針金を取り除く事も可能です。また、部分床義歯、総義歯(全部床義歯)とも、患者様個々に合わせた人工歯をご用意する事ができますし、奥歯においては、咀嚼効率と対磨耗性を向上させる為に、噛み合う部分を金属で製作する事が可能です。
義歯について、詳しくはこちらから

審美歯科・美容歯科ダイアリー

美容歯科

「美容歯科」、錯綜する情報に惑わされる患者さん
近年、「美容歯科」を標榜する歯科医院がとても増えています。雑誌、インターネットなどの広告も非常に多くなっています。そうした現状の中で、誤った知識を持ってしまう患者さんが増えています・・・

審美歯科:恵比寿の歯科医院(歯医者)、歯科・武内デンタルクリニック

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る